メニュー

矯正ヘルメット

赤ちゃんの頭の骨の構造は、生まれてからは脳の容積増加に伴って縫合部を中心に拡大成長します。一般的に縫合は18ヶ月頃になりますと完全癒合しますが、発達早期に病的な骨性癒合を起こした頭蓋骨早期癒合症などでは、癒合した縫合部の骨成長が障害され、頭蓋の形態や容積に異常が現れます。

日本ではこうした病態患児に対しての外科的治療の、再発予防目的であったり、また病的でない、寝癖によっての位置的頭蓋変形症に対して、適切な矯正装具もなく、ご両親が通称ドーナツ枕と称される市販品を用いたり、タオルなどを使用して頭の向きを変えたりと、何とか後頭部の歪みを矯正しようと涙ぐましい努力をしていた歴史があります。欧米ではこうした病態患児に対して数年前よりヘルメット治療を実施され、その有効性については今日まで多くの報告がされております。

欧米では新生児、乳児のうつ伏せ寝が推奨されることにより、乳児の突然死が急増した歴史があります。それにより、1992年より乳児は仰向け寝が推奨されるようになりましたが、このことが後頭部頭蓋変形の乳幼児の発症を急増させる結果となったのです。現在、新しい技術により、その変形を適切に矯正することが可能となりました。 

これまでの頭蓋形状矯正ヘルメット治療は米国製が主流でしたが、日本の温暖湿潤気候にも適応したアジア人の皮膚にも優しく、また欧米人よりも首が細いので軽量化した日本人の赤ちゃんに適したヘルメットを装着するのが好ましいです。通常、赤ちゃんが頭蓋矯正のためにヘルメットを装着するのは平均約6ヶ月前後ですが、ケースによっては1年間ほど装着を必要とする場合もあります。

当院ではジャパン・メディカル・カンパニー社と提携し、2019年5月に医療機器として承認を受けた「アイメット」を12月より導入します。このアイメットはヘルメット治療で唯一の日本製で既に累計3000人以上の赤ちゃんに装着され、有効性が確認されております。

 

アイメットにより頭蓋骨に陽圧圧迫を加えず、ヘルメットシェル及び低反発クッションにより、長軸方向の成長を待機させ、扁平化した部分の頭蓋骨成長を促進させます。これにより、頭囲拡大を抑制することなく、頭蓋骨変形を矯正することができます。

この治療は、保険適用外のヘルメットを使用するため、ヘルメット自体の購入は患者の個人負担となります。

ヘルメットの金額は1個あたり、500.000円+消費税(550.000円、保険適応外)になります。

また、ヘルメット治療の前に先立ってまずは頭蓋骨の形状を評価したいというご要望がありましたので、頭蓋骨形状LEDスキャナーによる検査も始めました。スキャナーによる検査のみでは10.000円+消費税(11.000円、保険適応外)となります。引き続き「アイメット」によるヘルメット治療を開始しする場合には、この検査料は治療代に含まれ有効となります。

現在のところ、神奈川県内でアイメットの取り扱いをしている施設は当院だけです。

アイメットによる頭蓋形状矯正治療をご希望の方は、市村Dr.の外来を一度受診しご相談ください。

おむつ交換スペース

当院は脳神経外科をメインに診療している有床診療所で、申し訳ありませんが小児に特化した施設ではありません。ヘルメット治療を始めてからおむつを交換する場を要望されることが多くなりましたので、おむつ交換スペースを作りました。大そうなものではありませんが、ご理解いただければと思います。

 

アイメットに関する院長ブログ① 

アイメットに関する院長ブログ② 

お問い合わせはこちらへ 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME