メニュー

渡航外来/トラベルクリニック

海外渡航のためのワクチン(予防接種)

当院では、15歳以上を対象に海外赴任・海外出張・留学等海外へ渡航される方々へその国・地域に必要な予防接種(ワクチン)を実施しています。

海外渡航者の予防接種には、主に二つの側面があります。一つは、入国時などに予防接種を要求する国(地域)に渡航するために必要なものです。もう一つは、海外で感染症にかからないようにからだを守るためのものです。

予防接種の計画は余裕をもって早めに

予防接種の種類によっては、数回(2~3回)接種する必要のあるものもあります。海外に渡航する予定がある場合には、できるだけ出発3か月以上前から接種するワクチンの種類と接種日程をご相談下さい。

 

予防接種の種類

A型肝炎:途上国に長期(1か月以上)滞在する人、特に60歳以下

B型肝炎:血液や体液に接触する可能性のある人

破傷風:冒険旅行などでけがをする可能性の高い人

狂犬病:イヌやキツネ、コウモリなどの多い地域へ行く人で、特に近くに医療機関がない地域へ行く人、動物研究者など、動物と直接接触する人

ポリオ:流行地域に渡航する人

日本脳炎:流行地域に長期滞在する人(主に東南アジアでブタを飼っている農村部)

麻しん風しん:海外へ渡航しない人も含めて、すべての人

髄膜炎菌:流行地域に渡航する人、定期接種実施国へ留学する人

 

海外渡航で検討する予防接種の種類の目安(地域別)

【短期観光客向け】

渡航先 A型肝炎 MR麻疹
風疹
風疹 おたふく 水痘
ワクチン
東アジア(中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、モンゴル)  
東南アジア(タイ、カンボジア、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ラオス)
南アジア(インド、パキスタン、バングラディシュ,スリランカ、ネパール)
西アジア(サウジアラビア,UAE,イスラエル、トルコ、カタール、オマーン、イエメン、イラン、イラク、クエート)
アフリカ(エジプト、南アフリカ、ケニア、タンザニア、エチオピア、ガーナ、スーダン、アルジェリア、コートジボワール)
南東ヨーロッパ(オーストリア、チェコ、ルーマニア、ハンガリーブルガリア、ウクライナ、ロシア)
北西ヨーロッパ(フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ベルギー、オランダ、アイルランド)  
北アメリカ(アメリカ合衆国、カナダ)
中南米(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア、キューバ、エクアドル、ボリビア)
オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)    
太平洋の島々(ハワイ、グアム、タヒチ、パラオ、ニューカレドニア、パプアニューギニア)    

 

【長期(1ヶ月以上)滞在者向け】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME