メニュー

腹部超音波検査(エコー)

腹部に高い周波数の超音波をあて、5つの臓器(肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓)を中心に、異常がないかを観察することができます。

胆石、ポリープ、のう胞、腫瘍などの限局性病変、脂肪肝、慢性肝炎などのびまん性疾患、各臓器の形態などを観察する検査です。

X線やCTなどと違い被爆もなく安全であり、短時間で非常に多くの情報をリアルタイムに得ることができるので、有効な検査です。

お問合せはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME