メニュー

脳出血

徹底した血圧のコントロールができれば脳出血が起きるリスクも下げられます

脳出血は文字通り、脳内にある大小の血管が破裂してしまう病気です。溢れた血液によって脳細胞が圧迫され死滅します。突然の激烈な頭痛や運動障害、言語障害や意識異常など重大な事態に至ります。脳出血を発症される方の多くは高血圧が原因となられる方がほとんどです。しかしながら高血圧は今や薬である程度コントロールできる時代となってきました。それによって脳出血患者は脳卒中患者全体の20%以下を推移しているほど少なくなってきています。とはいえ、高血圧は生活習慣病の代表格であることはまぎれもない事実であり、潜在患者数を含めるとまだまだ多くの危険性をはらんでいる状態であることにはなんら変わりはありません。すでに高血圧でお悩みの場合には、血圧を下げるための徹底した治療に真剣に取り組むことが大切です。

脳出血が起こりやすい部位と波錠のメカニズム

脳出血が起きるパターンは複数あり、それぞれの原因を正しく見極めた上で直ちに適切な治療を開始ことが求められます。

高血圧性脳内出血

脳出血は主に①被殻 ②視床 ③皮質下 ④小脳 ⑤尾状核 ⑥脳室内と呼ばれる部位で起こりやすいとされています。主に穿通枝や皮質枝動脈とよばれる脳内の細い血管が動脈硬化を起こし、そこに高い圧がかかることで動脈が破綻しやすくなり出血を招くと考えられています。

脳動静脈奇形

脳内の血管に先天性の奇形があり、そこを発端として出血することがあります。MRIやMRAなどを用いた脳血管の詳細な観察によって奇形が見つかった場合には、それを早期に手術で取り除く治療が必要となります。奇形が発生する原因はまだはっきりとは解明されていませんが、再発しやすいため定期的な確認があわせて必要となります。

海綿状血管腫

脳動静脈奇形についで多い脳血管の奇形です。20代から40代のうちに発症することが多く、そのほとんどが脳ドックなどの詳細な検査を受けられた際に偶然見つかるケースが多いです。無症状であることもあれば、脳出血を繰り返しやすい方もいらっしゃいます。また、頻度は少ないながらも遺伝による多発も一部認められるため、いずれにおいても定期的な状態確認が必要となります。

脳ヘルニア

脳圧が異常に高まることで脳組織の一部が変形し、直ちに命に関わる重篤な事態に陥る可能性の高い病気です。腫瘍や血腫などの脳内を占拠する病変が原因となるケースや、水頭症や脳浮腫など脳そのものが大きく膨らむことで脳ヘルニアを起こすことがあります。

脳出血が引き起こすさまざまな症状

症状の程度は出血した場所や出血量の多さによって千差万別に異なります。現れる症状も脳梗塞と非常に似通っており、鑑別には詳細なCTやMRIを用いた分析が必要となります。

運動障害

体の左右どちらかに急に力が入らなくなる・ものを取り落としやすくなる・ふらつく など

感覚障害

左右どちらかの手足にしびれを感じる・感覚が鈍くなる など

視覚障害

眼の動きに異常を感じる・視界が見えにくくなる など

言語障害

言葉がうまく出ない・ろれつが回らない など

嚥下障害

食べ物がのみ込みにくくなる など

その他、激烈な頭痛やめまい、嘔吐や痙攣、呼吸障害や意識障害など人によって症状はさまざまに分岐します。

すでに高血圧が疑われる場合には適切な治療を早期に開始することが何より先決です

日本は古来から塩分の高い食事がひとつの文化とされていましたが、昨今の健康ブームに乗って塩分を控える食品も増えてまいりました。しかしその一方で、食事の欧米化に伴う脂肪分の多い食事の広がりや、生活習慣の乱れなどを原因とする高血圧を発症される方は増加の一途を辿っています。近年では30代など若年層の患者さんにも高血圧を患う方が増えています。高血圧は初期の段階ほど自覚症状が乏しく、長い年月をかけて確実に体全体をむしばんでゆく大変怖い病気です。しかし見方を変えれば、それだけ進行に長い期間を要する病気であるがゆえに、異変に気づけるチャンスも実は多くあるはずです。なによりも重要なことは異常の早期発見であり、適切な治療を確実に行うことができれば今や血圧はある程度コントロールが可能です。ぜひ諦めずに早期に当院までご相談ください。

軽症であっても重い後遺症が残ることもけっして珍しくありません

血管内で詰まりを起こす脳梗塞と比べると、脳出血は血液が外に溢れ出す病気であるため、それに伴い脳内が激しく圧迫されます。次第に脳細胞が死滅し、深刻な障害をもたらします。幸いにも軽症で済んだ場合にも、重要な機能をつかさどる部位で起きた出血であれば重い後遺症が残るケースも少なくありません。多量の出血で脳内が激しく圧迫されている場合には、もちろん手術にて出血した血液を至急取り除く治療が必要となりますが、ゆっくりと時間をかけて脳内で自然な吸収を待つ治療法もございます。緊急性と程度によってそれぞれ最善の治療法をご提案させていただいております。

脳出血が起きた場合には入院治療が必要となります
さらに高度な治療が必要となる場合には提携の医療機関と密に連携し、迅速な治療を実現します

脳出血は基本的に入院しての治療が必要です。脳内の圧力を低下させる治療や脳の腫れやむくみを軽減させるための治療など、専門性の高い知識と技術が必要となります。重症の場合には緊急の手術を行うこともあります。放射線治療やガンマナイフ等のさらに高度な専門治療が必要となる場合には、近隣の提携医療機関と密に連携し、スピード感を意識した最良の治療をご提案させていただきます。

若年発症の場合は重症化しやすいため要注意!

近年、高血圧を患う患者さんは若年層にもその広がりをみせていることが特徴的です。脳は若いほどハリがあり隙間なく詰まった状態となっています。そのため一度出血が起きると、溢れ出した血液はそのゆき場所を失い、脳を強く圧迫して死滅させる脳細胞の範囲も拡大します。その結果、若くして重い後遺症に悩まされる方も増えています。何よりも予防において重要なことは、高血圧を含めた生活習慣病の進行を最小限に防ぎ、普段から血圧の数値に気を配りながら健康的な食生活や生活スタイルを意識することが重要です。血圧治療はいまや良い薬がたくさん登場しています。薬剤の力によってまずは適切な数値に下げ切ることが血圧治療においては効果的な最初の一歩となります。

定期的に脳内の詳細な状態確認を行うことは重篤な事態を回避するために最も有効な取り組みとなります

脳出血で突然倒れ、初めて自分が高血圧であることを知って大変驚かれる方は実際の診療現場には非常に多くみられます。脳出血は一度発症すると再発しやすく、血圧のコントロールや定期的な脳内の確認が必須となります。脳出血のみならず、脳梗塞やくも膜下出血のいずれにも共通する原因は、ほとんどが生活習慣病による関与です。CTやMRIなどを用いた詳細な全身状態の確認をはじめ、年に一度の健康診断の機会などを有効に活用することは自ら命を守る行為そのものです。ぜひご自分の体と真剣に向きあい、現在の健康状態を正しく把握しておくことはいざという際にご自身を救う有益な情報となります。検査の結果、脳内に重大な異常や奇形がみつかった場合には早期に適切な治療を施す必要があります。脳出血・脳梗塞・くも膜下出血のいずれにおいても直接的にあなたの命を奪いかねない深刻な病気です。本当の意味で命を守れるのはご自身だけです。積極的に検査機会を設ける取り組みは将来にわたってとても大切です。ぜひ若いうちから興味を持って始めてみてはいかがでしょうか?

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME