メニュー

漢方薬治療

当院では漢方薬による治療も積極的に行っております。
基本的な治療は西洋医学をもとに薬の処方や処置、手術をしておりますが、漢方薬は西洋医学の補完的な医療として時に大きな力を発揮することがあります。また、漢方薬は薬というよりも食品の延長上にあるものと考えており、一部を除き副作用がほとんどありませんので、安心して内服することができます。

脳神経外科領域で一番頻用する漢方薬といえば慢性硬膜下血腫に対しての五苓散が報告されています。その他の例としては感冒に対する葛根湯や胃薬として六君子湯、食欲や元気がない患者さんには補中益気湯と多数の漢方薬の処方例があります。

ただ、漢方薬ですべての人が治癒したり症状が改善するわけではありません。漢方薬は長い歴史の経験に則って調剤されていますが、いまだに効用や薬の作用がすべて解明されているわけではありません。ですから漢方薬を飲み始めても症状が改善しないことはたびたびあります。時には患者さんと相談しながらいろいろな漢方薬を変えて試していくこともあります。症状が改善していくのも時間がかかることがあり、気長に内服していくことも重要です。

漢方薬の処方のご希望があればご相談ください。

詳しくは院長ブログへ
院長ブログ「漢方薬治療」

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME